2014年8月12日火曜日

SO-04E XPERIA A 10.3.1.B.2.13のrootを取ってCWMを入れてみた。

XperiFirmからダウンロードしたファイルからftfをつくりアップデートしたSO-04E XPERIA A 10.3.1.B.2.13ですが、rootを取ってCWMを入れてみたので簡単にメモしておきます。

まずは設定→端末情報の「ビルド番号」を連打してデベロッパーになります。

次に、バックキーで戻って「開発者向けオプション」のUSBデバッグにチェックを入れます。

これで端末側の準備はOK。

早速root化していきます。
root化するためのツールは、XPERIAシリーズで非常に参考にさせていただいているキューブキューブ様のブログよりrootkitをダウンロードします。



キューブ実験室:【Xperia】各機種ワンクリックroot取得【NX/acro HD/GX/SX ~ Z2/A2 等】
※8/12時点の最新版はrootkitXperia_20140719.zip

ダウンロードしたzipを解凍し、フォルダ内の「install.bat」を実行します。

しばらく待つと再起動し、以下の画面になれば完了です。

ダウンロードアプリにはSuperSUがいるはず。

adb shellからsuコマンドを打つとSuperSUが動作し、

rootになれました。きちんと動作してるようですね。

root化はここまでで完了。

次はCWMを導入していきます。

CWMの導入ツールについても、root化同様キューブキューブ様のブログよりダウンロード。
キューブ実験室:【CWM】Android 4.3 Xperia用のCWM6-cDM v2.5 vfix2
※8/12時点の最新版はCWM6-cDM_v2.5_vfix2.zip

ダウンロードしたzipを解凍し、cwm-install.batを実行します。

何度かキーを押しここまで進めば完了です。

端末を再起動し、SONYロゴ表示直後の青いLED点滅時にボリュームDOWNでCWMが起動しました。
※USB接続したままだとLEDが光らずタイミングがわかりません。

これでcwmの導入も完了です。

作者のキューブキューブ様、本当にありがとうございます。

次は、最新版にアップデートしてroot化とCWMの導入が完了したSO-04Eですが、初期化してしまったので、せっかくなのでこちらを参考にandroid4.4にしてみようと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿